ツマンナイ話。

難しくてツマンナイ話ダイスキ('A`*)

戦略というか兵法で有名な孫子。
現代ではビジネス書のところに並んでます。
頭が痛くなるくらい難しい話が好きな人は探してみてね。
簡単に解説してるのも有るけど(’’

GGに限らず戦略を考える上でかなり参考になる本で
さらに、その言わんとすることは戦略に限らず、ためになることばかり。

んではシオンさまの適当講座ー

弱い頭で寝ながら読んだので間違ってたらゴメン(*ノノ)



⇒まずは『兵は国の大事なり』
兵は戦争のことね。
そりゃあ戦争は国の重大事件だわな。当然のことだけど大事なこと。
戦争は重大なことなので敵と自分との力関係を比較して、戦うかどうか決めましょう。
私は無茶も好きだけどねd('A`*)
でもお金のないときに無茶はしちゃいけません。とか。

⇒日本で有名な孫子の言葉といえば『風林火山』じゃないかな。
正確にはもうちょっと長い。

其の疾きことは風の如く
其の徐なること林の如く
侵掠することは火の如く
知り難きことは陰の如く
動かざることは山の如く
動くことは雷の震うが如く

要は機動戦の原理。
機動戦についてはリデル・ハート卿が詳しく書いてるヨ。
まだ読んでないから欲しい('A`*)

んで、適当要約。
戦地にとっとと行く。
準備はしっかり、敵の状況もつかみましょう。
戦闘が始まったら頑張れ。
情報は漏らさない。
次への準備は焦らない。
方針が決まったらすぐ次へ。

大体こんな感じかな。
本当かよと思ったら自分で調べてみるのをオススメする('A`)!

GGで言うなら
開始前の目標地点への出動は迅速に
支援等し忘れはないか、敵の初期防衛地点はどこか。
やるときはやる。
自軍の状況を敵にはつかませない。
転戦ならば転戦の準備。防衛ならばいつ敵が来てもいいように。
次の行動。以下えんどれs
コレが機動戦だ!!(多分

⇒次いってみよー(面白くなってきた
『先ず勝つべからざるを為す』
勝てないんじゃ意味ないんじゃ・・・
じゃなくて
まずは負けないための態勢を整えましょう。という意味。
続く言葉に『以って敵の勝つべきを待つ』
弱みを見せるのを待ちましょう。

つまりアレだ
防衛ラインバッチリ→マテ(’’ →隙あらば討って出るヽ(`Д´)ノ
コレって攻めならば、敵を復帰させないってのが具体例になるかな。
全軍攻めが基本のJRAPじゃあまり出来ない気がする。
どっちかっていうと4Bとか、この前のサイコロがこんな感じだと思う。
ああ、傭兵あったらできるのに('A`)!!

というわけで次は『小よく大に勝つ』ために。
また次回!!(疲れた。
[PR]
by skyred_eden | 2005-05-25 13:20 | 雑記
<< うれしいときも。 C1砦を空き巣が占領しました。 >>